スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツアー・オブ・北京が2011UCIワールドツアーに

2011年10月に開催されるツアー・オブ・北京がUCIワールドツアーになるそうです。
肉を食うなよ?!絶対だぞ!
どんな選手が参戦するか楽しみですね。

cyclowired http://www.cyclowired.jp/?q=node/46594

スポンサーサイト

レディオシャック、ロンバルディアに参戦

10月16日に行われるイル・ロンバルディアにレディオシャックが参戦するそうです。
レディオシャックは今年一月にロンバルディアに参加すると合意していたにもかかわらず、後に発表されたスタートリストにレディオシャックのチーム名がなかったことからスポーツ調停裁判所に告訴していて、今回の参戦になったそうです。
しかし他のチームが抜けるわけではないので、26チームが参戦。
規定により、1レースの参加人数は最大200人。通常どおり1チーム8人が参加すると208人。8人余ってしまいます。
さてどうなる。

cyclesports.jp http://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=1446

JAPAN CUP、出場チームが増える可能性

10月23日、24日に行われるJAPAN CUPの公式TwitterでJAPAN CUP出場チームが増える可能性が示唆されていました。
複数のUCIプロチーム、コンチネンタルチームから出場したいとオーダーがあったとのこと。
また、クリテリウムの特別招待選手が増える可能性もあるとのこと。
有名選手希望!

JAPAN CUP公式Twitter http://twitter.com/Japancup_2010

JAPAN CUP公式HP http://www.japancup.gr.jp/2010/

JAPAN CUP記者会見より出場チーム情報

出場チームと出場選手。


コンチネンタルチーム。

ジャパンナショナルチーム:
ジャパンカップにでないチームからの選抜。白と赤のナショナルジャージを着用。

愛三工業レーシングチーム:
元日本チャンピオンの西谷康治を筆頭に、アジアやオーストラリアでの活躍著しいチーム。

チームブリジストンアンカー:
オリンピック3大会連続出場の飯島誠、Jツアーチャンピオンでクライマーの狩野智也を擁する歴史あるチーム。

シマノレーシング:
伝統あるコンポーネントメーカーチーム。今シーズン半ばに引退した元日本チャンピオンの野寺秀徳を監督に据え、強力な選手陣を揃える。

チームNIPPO:
イタリアを拠点に活躍するチーム。今シーズンの日本チャンピオンを高いチーム力で獲得した宮澤崇史がチャンピオンジャージで戦う。マンネリ気味のレース展開を打破すると宣言?

宇都宮ブリッツェン:
地域密着型プロチーム。名物栗村修監督が率いる。地元の強力な応援に応えたい。

国内チームは以上。

クムサン・ジンセン・アジア:
今年立ち上がった新規チーム。アジア各国から選手が集まったチーム。機材トラブルに見舞われるもタイムトライアルで優勝した福島晋一が采配を振るう模様。


そしてプロコンチネンタル。

デローザ・スタックプラスティック:
登録はアイルランドであるが純粋なイタリアチーム。ツアー・オブ・ジャパンで活躍した姿が記憶に新しい、クリスチャーノ・サレルノ等強力な選手が再び参戦する。

BBOXブイグテレコム:
選手の殆どがフランス人の生粋のフランスチーム。ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランスで活躍した新城幸也をエースに据え優勝を目指し戦う。

UCIプロチーム。

チームミルラム:
乳製品メーカーがスポンサー。ドイツ唯一最強のプロチーム。若手スプリンター、ゲラルド・チオレックを擁する。ジャパンカップ初参戦。今年でのチーム解散が決まっており、最後のレースになる模様。

ガーミン・トランジションズ:
ジョナサン・ヴォーターズが監督のアメリカチーム。ジャパンカップ初参戦。タイムトライアルでの強さを発揮するか。ダニエル・マーティンやヨハン・ファンスーメレンが参戦予定。

チームカチューシャ:
ロシアの国家プロジェクトより始動したロシアチーム。エーススプリンターのロビー・マキュアンが参戦予定。ジャパンカップ初参戦。

チームサクソバンク:
二度目の参戦。前年勝者。タイトル防衛のため帰ってきます。グスタフ・ラーションがエースとして戦うようです。

マキュアン会長来るのか!楽しみです。

そしてサーベロテストチームのテオ・ボスがクリテリウムにのみ参戦!

JAPAN CUP http://www.japancup.gr.jp/2010/

JAPAN CUP記者会見USTREAM生中継

本日8月24日16:30より記者会見をUSTREAMにて生中継するそうです。
出場チーム等の発表が行われる模様。楽しみです。

http://www.ustream.tv/channel/japancup

ランス・アームストロング、新ステージレース開催を発表

ランス・アームストロング(レディオシャック)がアメリカでの7日間に及ぶ新ステージレースの開催をすると発表しました。
UCI2.1のレースですがツアー・オブ・カルフォルニアではジロを差し置いてスター選手が勢ぞろいするほどアメリカでのレースは重要になっているので有名選手が集まる可能性は高そうです。

CYCLINGTIME.com http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=15294

クリテリウム・ドゥ・ドフィーネ開幕!

クリテリウム・デュ・ドーフィネ2010が本日より開幕します。
全8ステージ、フランス南東部を駆け抜けます。
アルベルト・コンタドール(アスタナ)もツールの調整としてでるそうです。
プロローグは今夜1時より開始されます。

2010 Critérium du Dauphiné Live Dashboard http://www.steephill.tv/criterium-du-dauphine-libere/

JSPORTS http://www.jsports.co.jp/cycle/

ライブストリーミングはこちら http://www.procyclinglive.com/livestream/

ツール・ド・熊野インターネット生放送決定!

ツール・ド・熊野は5月27日~30日に行われるUCI2.2カテゴリーのレースで、国内だけでなく海外選手も参加する国際的なレースです。
なかなか国内のレースはTV放送等がないので様子をうかがい知ることができず、もどかしい思いでしたが、インターネットで生放送されるそうです。

ツール・ド・熊野 http://www.nspk.net/tdk/cat11/post-36.html

内容を読むとどうやら固定カメラ3台をそのままストリーミングするようです。絵面的には地味だと思いますが、ないよりはマシ。レース展開を読みながら楽しませていただきます。

      

2010ツアー・オブ・カリフォルニア開幕!

本日5月16日よりツアー・オブ・カリフォルニアが開催されます。
第一ステージはネバダ~サクラメントの167.7km、山岳から平野部へ降りて行く下り基調のコース。
自分だけのチームを手に入れたランス・アームストロングの活躍に期待が集まっています。

ツアー・オブ・カリフォルニア公式 http://www.amgentourofcalifornia.com/ (LIVE情報あり?)

TEAM RadioShack http://www.livestrong.com/teamradioshack/

第57回全日本プロ選手権トラックレース開催中

函館競輪場で第57回全日本プロ選手権トラックレースが本日9:30より開催中です。

日本自転車競技連盟  http://jcf.or.jp/

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
通販
通販2
メールフォーム
お問い合わせ、タレコミ、情報源など何でもお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
プロフィール

NOB_cycle

Author:NOB_cycle
ロードレース、サイクルイベント、サイクルパーツ、自転車TV番組等自転車情報をなんでも収集してまわっています。
日本の音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。