スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28ジャージの顛末

ツール・ド・フランス最終日、レディオシャックが着用した28ジャージ問題が決着したようです。
選手、監督への罰金、そしてチームマネージャー・ブリュイーネルの2ヶ月の停職処分とのこと。
金取るなら着せたままにしてくれればよかったのに。

cyclesports http://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=1639

スポンサーサイト

CATEYE、GPS搭載の車載カメラ"INOU"を開発

CATEYEはGPS搭載の車載デジタルビデオカメラ"INOU"を開発していました。
ハンドルバーに取り付け、ビデオと写真が撮影でき、GPS情報を付加できるようです。
しかしモニタ機能がなく、データをパソコン等に取り込まないと映像の確認ができないようです。
GPS、カメラにさらにサイコン機能がついてればメッチャ楽しいと思うがどうか。



RoadBikeReview http://reviews.roadbikereview.com/interbike/interbike-2010-cateye-2011-inou/

パイオニアがAndroid搭載サイコンを開発中

パイオニアandroid搭載サイコン

パイオニアがAndroid搭載のANT+対応サイクルコンピューターを開発中で、サイクルモードでの出展を予定しているようです。
それより気になるのはペダリングモニタ。

ペダリングモニタ

普通のクランクにセットして角度ごとのパワー計測を行っているように見えます。
4cb51ccad8d66.jpg

パイオニアって自転車製品つくってましたっけ?サイクルモードでの展示が楽しみです。

エキップアサダ http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=332

サイクルモード パイオニア http://www.cyclemode.net/information/detail/110/

ユピテル、ANT+対応のGPSサイクルコンピューターASG-CM21を発売

ユピテルがサイクリングに最適なハンディGPS、ASG-CM21を発表してました。10月下旬発売。
3型タッチパネル液晶、MAPPLE日本地図を搭載。
サイクリングに必要な機能を網羅し、ANT+にも対応しています。
(ハートレイト、ケイデンス、スピードセンサーは別売。ANT+対応なので他社のものも使えるはずです)
インターフェースがガーミンのそれと酷似していて(笑)、使い勝手はよさそうです。
しかも価格が44100円。海外通販のedge705やedge800とも価格的に勝負が出来、さらに日本語標準搭載とくればパワー計が必要なシリアスレーサーでもない限り選択肢として十分ありではないでしょうか。

ユピテルASG-CM21 http://www.yupiteru.co.jp/asg-cm21/index.html

エキップアサダ、活動再開

エキップアサダが来年からレース活動を再開するそうです。詳細は11月3日に行われるトライアウト後の説明会で明らかになるとか。
新時代を担う、勝ちに行く選手の育成に期待したいです。

エキップアサダ http://www.cyclisme-japon.net/modules/information/details.php?bid=328

宇都宮ブリッツェンHP、ジャパンカップ仕様

宇都宮ブリッツェンのHPのトップがジャパンカップ仕様になっていて、特別ムービーが再生されるようになっています。

宇都宮ブリッツェン http://www.blitzen.co.jp/
*音が出ます。

ロード世界選手権結果

オーストラリアで行われたロード世界選手権にて新城幸也が9位に入るという快挙を成し遂げました。
別府史之は新城を支援し30位。土井雪広は初出場ながら72位完走。
のちのネットラジオインタビューで”世界相手に戦えることが証明できましたね"と質問され、新城は”何言ってるんですか、ずっと戦ってるじゃないですか"と答えました。
もう1位以外はいらないのです。
ゴールシーンで新城の悔しそうな顔を忘れることはできません。本当の笑顔が待ち遠しいです。

cyclingnews.com http://www.cyclingnews.com/news/arashiro-gives-japan-first-top-ten-finish-at-the-worlds

女子競輪復活へ。

1964年を最後に廃止された女子競輪が復活するようです。
毎日新聞によると、競輪を運営するJKAが2012年7月の開催を目指して経済産業省の認可を待っているところだとか。
日本においては女子自転車競技そのもので生計を立てる手段はほぼないと言っていい状況にありますが、そういった状況の打破、さらなる発展のきっかけになるのではないかと期待したいですね。

毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101001-00000004-maip-spo

川西蘭のあねチャリは現在の女子自転車競技の現状、ジレンマなども感じつつまっすぐな主人公が気持ちイイ本でした。


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
通販
通販2
メールフォーム
お問い合わせ、タレコミ、情報源など何でもお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
プロフィール

NOB_cycle

Author:NOB_cycle
ロードレース、サイクルイベント、サイクルパーツ、自転車TV番組等自転車情報をなんでも収集してまわっています。
日本の音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。