スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジロ・デ・イタリア第10ステージ、ファラーが抜け出す

ジロ・デ・イタリア第10ステージ、アベッリーノ~ビトンは待望のドライでの平坦基調コース。
牧歌的なオリーブ畑の中を駆け抜けていきます。これまでの過酷なレースとは打って変わってのんびりムード。
選手たちがサイクリングのようにおしゃべりをしながら笑顔を見せる場面も。
あまりに動きの無いレースにカメラマンがカメラにサングラスをかけたりひっくり返したりするなどお遊びも。
125km地点で3人の逃げが3分10秒差をつけていましたが、あまりにも長く続く直線では集団の視界から逃げることはできずじりじりと差をつめられます。
そして約170km地点ごろから市街地に入ってもあまり逃げられずまたも長い長い直線に。残り50km地点で1分25秒差。
残り43km地点でフートンの選手らがからむ落車が発生。エヴァンスがわずかに遅れるも素早く集団に復帰。中切れも起きず、逃げ集団を追いかけますが、この落車が影響したのか差が1分50秒。
しかしhtcコロンビアが列車を組み集団を引き始め、本気を出した集団に逆らうことはできず残り16km地点でついに3人の逃げが吸収されます。
のこり14km地点で集団の中盤に位置していたクイックステップ、スカイが絡む落車が発生。
一瞬新城がゴールスプリントで2位を走り、チームメイトの発射台になるつもりがエースがついてこれず、途中でスプリントをやめてしまい続々とぬかれ、絶妙のタイミングで抜け出したタイラー・ファラー(ガーミントランジション)が制しました。
休養区間かと思われましたが熱いゴールスプリントになりました。
総合は変わらずヴィノクロフ。2位のエヴァンスもタイム差は1分12秒差でかわらず。

JSPORTS http://www.jsports.co.jp/cycle/

GazzettaTV http://videochat.gazzetta.it/index_giro.shtml (ライブストリーミング)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
通販
通販2
メールフォーム
お問い合わせ、タレコミ、情報源など何でもお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
プロフィール

NOB_cycle

Author:NOB_cycle
ロードレース、サイクルイベント、サイクルパーツ、自転車TV番組等自転車情報をなんでも収集してまわっています。
日本の音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。