スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ、ランスリタイヤ!

2010ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージバイサリア~ベーカーズフィールド 。天気は晴れ。中盤に3000フィートの山岳を持つ荒野を駆け抜けるコース。
レース中盤、なんとランス・アームストロング(レディオシャック)が落車による怪我を負い、一時走行を続けるもリタイヤし病院へ。ツール・ド・フランスへの出場には影響はなさそうですが心配です。
同様にスチュワート・オグレディ(サクソバンク)、ハインリッヒ・ハウッスラー(サーベロテストチーム)もリタイヤした模様。

ランス・アームストロング、リタイヤ直後の映像 http://www.versus.com/cycling/videos/lance-armstrong-crash-aftermath/

ランス、自身のtwitterで怪我写真を公開。これはいたそう…。 http://twitpic.com/1phpfe

スーパーヒーローがリタイヤしてもレースは続きます。
プロトンは分断され残り70km地点で4分差、6人の逃げ。後方集団はプロトンよりさらに6分以上遅れています。
最終山岳ポイントを越え、逃げ集団との差は3分。残り18km地点で逃げからさらにアタックする選手が。吸収>カウンターアタックを繰り返し、篩にかけます。差は1分43秒。残り14km。しかし6人の逃げはかわらず。
残り10kmを切り差は1分。周回コースを駆け抜けます。ここでも逃げ集団のアタック合戦は続き、ついに二人に絞られます。しかしその20秒後方には集団の姿が!逃げからこぼれた選手たちを飲み込んでいきます。
ベンジャミン・デイ(フライVオーストラリア)が一人抜けだしゴールを目指します。残り5km。集団からイェンス・フォイクト(サクソバンク)も飛び出しますがあえなく吸収。
デイは必死に逃げ続けますが、残り3kmでこれも吸収されてしまい、スプリント勝負へ。
お決まりのコロンビアトレインにイエロージャージのデイヴィッド・ザブリスキー(ガーミン)がタダ乗り!まんまと発射台に出来たと思ったらその後ろにはピーター・サガン(リクイガス)の姿が!ザブリスキーを発射台にサガンが飛び出しステージ優勝を勝ち取りました。ゴール後、ウイリーで観客にアピール。

総合1位はザブリスキーの手から2位でゴールしたマイケル・ロジャース(htcコロンビア)に渡り、ザブリスキーは2位に。7位でゴールしたリーヴァイ・ライプハイマー(レディオシャック)は変わらず総合3位を守ります。ピーター・サガンも4位につけています。4位まで15秒差でまだまだ波乱は続きそうです。

JSPORTS http://www.jsports.co.jp/cycle/sw_2010/index.html

ツアー・オブ・カリフォルニア公式 http://www.amgentourofcalifornia.com/ (ストリーミング有り)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
通販
通販2
メールフォーム
お問い合わせ、タレコミ、情報源など何でもお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
プロフィール

NOB_cycle

Author:NOB_cycle
ロードレース、サイクルイベント、サイクルパーツ、自転車TV番組等自転車情報をなんでも収集してまわっています。
日本の音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。