スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激闘!2010ツアー・オブ・カリフォルニア最終ステージ

2010ツアー・オブ・カリフォルニア最終ステージ、サウザンド・オークス。同じ山岳を4度通り抜ける周回コース。
4連覇を狙うライプハイマー(レディオシャック)は25秒差。イエロージャージを手に入れるにはロジャース(htcコロンビア)、ザブリスキー(ガーミン)を牽きちぎってゴールする他ありません。
2度の山岳を終了し、逃げはキャプテン・アメリカジョージ・ヒンカピー(BMC)を含む7人、さらにそれを追う2人。集団との差は2分7秒。総合争いには絡んでいない選手達ばかりで、プロトンは逃げをある程度容認しています。総合への勝負は最後の山岳で動くはずです。
3度目の山岳で逃げ集団を追っていた二人はプロトンに飲み込まれます。
4度目の山岳入り口、なんとライプハイマーがパンク!素早くタイヤを交換してチームカーのスリップストリームを利用してあっという間にプロトンへ合流。とはいえ不運にも無駄な足を使ったことには違い有りません。
逃げ集団ではアタックが繰り返され、ヒンカピーを含む3人に絞られます。差は1分30秒。
そしてライプハイマーがカウンターアタック!しかしロジャースがついて行く!ぴったり後ろにつけて差をつけさせません。さらに二人を追ってザブリスキーもアタック!
この総合3位までが入る追走集団にはコロンビアとレディオシャックのチームメイトがひとりづつ。ロジャースだけが一人ですが、無駄足を全く使っていないので有利でしょう。しかしここで逃げ集団からおりてきたポポビッチ(レディオシャック)がライプハイマーをアシスト!前を牽きます。レディオシャックはこれで3人!残り15km。
ここでザブリスキーがアタック!ロジャースの反応で一旦吸収されますが再びアタック!ロジャースはまたもこれに反応。吸収しますがさらにライプハイマーがアタック!差が徐々に開いていきます!
しかしここから下り。足を使い切ったロジャースでしたが、下りに救われて再びザブリスキー、ライプハイマーを捉えます。残り8km。
先頭集団では激しいアタックの繰り返し!ゴールは5人に絞られました。熱いゴールスプリントでヒンカピーを寄せ付けずヘシャデル(ガーミン)がガッツポーズでゴール!
そしてトップ3人を含む集団ではライプハイマーが先行しゴールするもすぐ後方ではリーダージャージ・ロジャースがガッツポーズ!
ライプハイマーの連覇は3回で止まることになりました。
総合成績は昨日と変わらずイエロージャージはロジャース、2位にザブリスキー、ライプハイマー3位。
総合3位までが最終日にガチンコ対決!こうでなくちゃ。

JSPORTS http://www.jsports.co.jp/cycle/sw_2010/index.html

ツアー・オブ・カリフォルニア公式 http://www.amgentourofcalifornia.com/ (ストリーミング有り)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
通販
通販2
メールフォーム
お問い合わせ、タレコミ、情報源など何でもお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
プロフィール

NOB_cycle

Author:NOB_cycle
ロードレース、サイクルイベント、サイクルパーツ、自転車TV番組等自転車情報をなんでも収集してまわっています。
日本の音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。