スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010ジロ・デ・イタリア第20ステージ、残雪のチマコッピ

ジロ・デ・イタリア第20ステージ、ボルミオ~トナーレ。距離は178km。曇。
再び4度の山岳をと山岳ゴールが待つ超難関ステージ。伝説のガヴィア峠を駆け抜ける。
残り80km地点、パッソ・フォスカーノに差し掛かりステファノ・ピラッツィ(コルナゴ)が単独で1分45秒差の逃げ。
ゴール付近ではまたも雨が降り始め、波乱の予感を漂わせます。え、まだスキーやれるの?主催者のニヤニヤ笑う顔が浮かびます
悪天候と標高の高さが災いして、中継ヘリが飛行禁止に。中継映像が途絶えます。主催者やりすぎた!
ガヴィア峠中腹に差し掛かりピラッツィはヴィノクロフ(アスタナ)らの逃げ集団に吸収され8人に。
マリアローザグループとは2分22秒差。
更にそこからシモーニ(ランプレ)ら二人が飛び出し、チマコッピを目指します。
しかしプロトンが上りに差し掛かり加速をはじめ、逃げを追い詰めていきます。その差1分27秒。
飛び出した二人は吸収され6人に。ここでヴィノクロフ、メカトラブル!一旦停車しますが、メカニックの物理的な後押しにより間もなく復活。
シモーニ、チョップ(ブイグテレコム)がこの逃げ集団から飛び出し、逃げを図ります。
シモーニは今大会をもって引退すると表明していて、実質、今日が最後の見せ場となります。
チマコッピをシモーニへの手向けにするかと思いきやチョップがスプリントして山頂をゲットしてしまいます…。空気読めよ…。
そのまま下りに入りシモーニを引きちぎりシモーニとの差、55秒。シモーニはヴィノクロフらと合流…できずそのまま脱落。シモーニはここまでか。無念…。
ヴィノクロフがチョップを追いますがリーギ(ランプレ)はヴィノクロフをひかず、牽制。
マリアローザグループではエヴァンスがアタック!総合順位アップを諦めてはいません。ヴィノクロフさえもかわし、驚異的なダッシュ力です。
バッソ(リクイガス)らが追い上げますがついていけません。
チョップがステージ初優勝。熱い追い上げでエヴァンスが2位。バッソは3位に入っています。アロヨ(ケースデパーニュ)は5位。

総合1位はバッソが守り、アロヨは2位。タイム差は1分15秒。最終日タイムトライアルに波乱はあるのでしょうか。

JSPORTS http://www.jsports.co.jp/cycle/

GazzettaTV http://videochat.gazzetta.it/index_giro.shtml (ライブストリーミング)

新城幸也の、今日もチバリヨー(新城幸也オフィシャルブログ)http://blog.livedoor.jp/cpiblog00375/

          
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
通販
通販2
メールフォーム
お問い合わせ、タレコミ、情報源など何でもお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
プロフィール

NOB_cycle

Author:NOB_cycle
ロードレース、サイクルイベント、サイクルパーツ、自転車TV番組等自転車情報をなんでも収集してまわっています。
日本の音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。