スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ2010、第2ステージ

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ2010、第2ステージ。アノネイ~プール・サン・タンデオル、177km。曇。
アイマル・スベルディア (レディオシャック)は第1ステージの落車で手首を骨折。リタイヤしています。ツール参戦は難しくなりそうです。

残り45km地点で最後の山岳を越え残りは下り区間で5人の逃げ。差は3分半。
曲がりくねった山肌の道をサクソバンク、ミルラム、スカイが中心となってプロトンを牽きますが、差がなかなか縮まりません。
残り20km地点で3分の差。
逃げメンバーはブラム・タンキンク(ラボ・バンク)、ステファヌ・オジェ(コフィディス)、ギヨーム・ボナフォン(AG2R)、イニャキ・イサーシ(エウスカルテル)、アンソニー・ドゥラプラス(ソウル・ソジャソン)。
残り12.5km地点で小さな丘にさしかかりますが、タイム差は1分40秒。逃げは協力体制が敷かれ、安定したローテーションを続けてプロトンとの距離を保ち続け、逃げ切りが見えてきます。
曲がりくねった、そして狭いコースも逃げに有利に働いているようです。
残り5km。差は41秒。しかしここで欲が出てきたのか逃げのローテーションに歪みが。牽制をやりあってしまい一気に集団に迫られます。残り3kmで9秒。
散発的なアタックを繰り返して足を使い切り、残り1.1kmで逃げは完全に吸収。もったいない!
集団から伸びて行くスプリント陣を一気に加速して抜き去りフアンホセ・アエド (サクソバンク)が第2ステージを勝ち取りました!
またも集団ゴールとなりタイム差ナシ。
総合はコンタドール(アスタナ)が守ります。

2010 Critérium du Dauphiné Live Dashboard http://www.steephill.tv/criterium-du-dauphine-libere/

JSPORTS http://www.jsports.co.jp/cycle/

ライブストリーミングはこちら http://www.procyclinglive.com/livestream/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
通販
通販2
メールフォーム
お問い合わせ、タレコミ、情報源など何でもお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
プロフィール

NOB_cycle

Author:NOB_cycle
ロードレース、サイクルイベント、サイクルパーツ、自転車TV番組等自転車情報をなんでも収集してまわっています。
日本の音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。