スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ2010、第4ステージ

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ2010、第4ステージ。サン・ポール・トロワ・シャトー~リズール、210km。
標高108mのスタートから上り基調が続き、ゴール地点には、標高1840m、平均勾配7%の1級山岳が待ち受ける。天気は曇。
第3ステージで断トツのタイムを叩き出したヤネズ・ブライコビッチ(レディオシャック)がリーダージャージを着用していますがダボダボでいまいち似合っていません(笑)。サイズがなかったんでしょうか。
残り50km地点で逃げはダニー・ペイト(ガーミン)とステファン・デニフル(サーベロ)二人。7分以上の差。
集団は残り13kmからの山岳までに差を縮めたいところ。
残り30km地点で5分半ほどの差。残り20km地点でも4分半ほどで山岳までゆったりとしたレース展開に。
そして残り13km。最終登り区間に到達。差は3分を切っています
残り11.6km地点でペイトが逃げから脱落。デニフルが単独で逃げます。
集団からはぱらぱらと逃げが発生するも胸毛祭ホーナー(レディオシャック)が牽く集団は追わず、ペースを守りながら自滅する逃げを吸収していきます。
デニフルは力走を続け逃げます。残り5km地点で1分37秒の差。
残り3.6km地点でメンショフ(ラボバンク)がアタック!これには集団からアスタナが反応。これを潰しにかかります。
これによって加速した集団がメンショフを含む逃げ集団と200km以上を逃げ続けたデニフルを吸収。しかし逃げから二人アタック!これにコンタドールが反応!さらにブライコビッチが食らいつき、先頭逃げ集団に合流します。
ここでボゴンディ(ブイグテレコム)が飛び出し残り1km地点。
その後もコンタドールがブライコビッチを引き離そうとアタックを仕掛けますがブライコビッチ、離れません。
タイミングよく飛び出したボゴンディがステージ優勝!ブライコビッチはゴール手前でコンタドールをかわし3位でゴール。

総合は変わらずブライコビッチがリーダージャージを守り1位。


2010 Critérium du Dauphiné Live Dashboard http://www.steephill.tv/criterium-du-dauphine-libere/

JSPORTS http://www.jsports.co.jp/cycle/

ライブストリーミングはこちら http://www.procyclinglive.com/livestream/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
通販
通販2
メールフォーム
お問い合わせ、タレコミ、情報源など何でもお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
プロフィール

NOB_cycle

Author:NOB_cycle
ロードレース、サイクルイベント、サイクルパーツ、自転車TV番組等自転車情報をなんでも収集してまわっています。
日本の音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。